心機一転

3月は 私にとって 慌しかった。

ひとりで 勝手に ドタバタしてただけなんだけど...。


※ 初旬 ※

PMSとも重なり絶不調で muragonにもログイン出来ず (><)

そんな時に限り 彼が「 今の状態がベストだね 」なんて言う。

「 そうだね 」とは言えなかった。だって...


彼が 帰宅後や休日に どこで何をしてるのか ほぼ知ってる。

離れてる時間も LINEで繋がってるのは ただの同僚だった頃の名残。

私には 隠す必要がないって思ってるんだろね。

正直 聞いてて 気分が悪くなる話がほとんど ^^;

なのに 連絡がないと不安になる。

現実 か 想像 か どっちがいいんだろう ??

従順ないい子ちゃんを引退か否か 悩むところ ^^;



※ 中旬 ※

内示があった。

彼は異動。そして 私も異動。

ふたりの配置の距離は保ったままの異動なのでひとまず ホッとしている。

コツコツコツ ヒールの音が 彼に届く距離。

ヒールの音を響かせてる理由。

彼に伝えていないけれど、私の存在に気づいてね のアピールなの♡


※ 昨日 ※

時間が出来たので カフェへ行ってきた。

○ 「 お互い 心機一転だね。

私 心機一転って言葉好きだな~ ♪♪

覚えること沢山で不安もあるけど

ワクワクもあるから 」

● 「 俺も。どこでもやれちゃうし!笑」

○ 「 あら~。自信満々だね。その自信はどこから? 」

● 「 みやびだよ!自信を持たせてくれてるのは。いつもありがとう 」


「 あっ! ね~ ね~ 」ってナイショ話するみたいに彼の耳元に私の手を...

ちょっぴりズラして ほっぺに チュッ♡


桜の開花もすすみ、穏やかな陽射しが私の元にも届いた ❀.*・゚