逆効果

日頃の私の 好きダダ漏れが 逆効果をおこしている。


彼の 同期の女性が ある特定疾患で 入院。

無事に手術も終わり 「 お見舞いに行こう 」

同期のあいだで そんな話になってるらしい。


大人数で行くのもな と 彼は 別の同期の女性とふたりで 行こうとしている。

が、なかなか ふたりの予定が合わないらしく

只今 調整中とのこと。


そもそも 同期とはいえ 私なら 入院先に男性は来て欲しくないな と思う。

そんな事も伝えたけど 「 少しなら大丈夫でしょ 」と 私の意見は却下。


入院中の同期女性の性格を 私はよく知らないし 彼が大丈夫というなら 大丈夫かも...。

でも 私の考えと同じなら 彼の行為が 逆効果となって伝わってしまう。


「 少し顔みたら先に退室して 離れた場所で 一緒に行く同期女性が出てくるのを待てば??」


....... !!!


「 お見舞いを託ける方法もあるよね 」

「 病院にいる時間は 少しだけでいいんじゃない?」

そんなやり取りが 彼には 私が妬いてると 伝わってる。


日頃の言動からみれば そうとられても不思議じゃないんだけど

今回だけは 違う (  ̄っ ̄)


このお見舞いをきっかけに ふたりがどうにかなってしまうのなら もう 私の出る幕はない。


私だって 四六時中 好き~と言って とサザン思考ではない時もあるのよ。


すっごく 不本意過ぎる 彼の思い違いに 全く納得がいかない。


はぁぁぁ~ 気持ち伝えるのって難しいな。