ヤキモチ三昧

年末年始の休暇が明けてからの週末3連休。

暦に チッ!って思ってる私 ( ̄∀ ̄)


先週もいろいろ想うことがあった~


仕事始めの日。

私が職場の駐車場に到着すると、彼は車から降りるタイミング。

急いだら 一緒に出勤出来るかも~♡


そんな淡い願いも、駐車に手こずるおばさまを見守る形で打ち砕かれ しばらく車の中から彼の姿を見てた(^^;)


ヾ(((;ꈡ▱ꈡ;)))ノ エエエッ?


彼に駆け寄る 職場で人気のある綺麗な女性。

なんだか楽しそうな会話してるように見えますわな!!

なんだか 画になりますわな!!


... もう 私、仕事 行きたくない (笑)


私は彼の後ろ姿を見つめながら歩いていると近付いてきた ひとりの男性。

負のオーラ全開な この人。苦手ーー(^^;)


●「今日からまた仕事始まりましたね」

○「今年も元気に頑張りましょね」

●「いや...。もう疲れてます」


...会話 続かんわ (T_T)


遠くを見ると 彼と綺麗な女性のツーショット。

隣を見ると うつむき加減の年下には見えない男の子。


なによーーー。この差ーー!!(  ̄っ ̄)ムゥ


翌日の車デートでこの話をした。

●「えぇ~( ̄∀ ̄) 妬いてるの?」

○「統一感なく妬いてスミマセン 笑」

●「めっちゃ 可愛いなぁ」

○「 ( ̄∀ ̄) 私はしんどいんですけど!」

●「この歳で妬いてもらえるなんて 男冥利に尽きるわ」

○「妬かれてイヤじゃないの?」

●「全然!むしろ みやびの事 愛おしいって思う」

○「ふーん。なんか 余裕だね」

●「余裕ないない!」

○「妬くことないもんね~」

●「ん? 妬かないわけじゃないよ」

○「妬くことあるの?」 ← しつこい 笑

●「なくは ナイ... 」


私ってこんなにヤキモチ妬く人だったっけ??

自分のことながら戸惑っている (^^;)


●「時々 時間合わせて一緒に出勤する??」

○「 (ᐥᐜᐥ)♡ᐝ」

1ヶ月に1度くらいならアリかも♡


それにしても!なんとかこの感情をコントロールしないと身が持たないな 私 ( ̄∀ ̄)