素直なキモチ

今夏は 過去最長の 彼と逢えない日を更新。

すると思考は もっと早く出逢えてたらとなって

わかりやすく落ち込む私。

逢えなくて 顔を見たくて 寂しかった ( ;∀;)


「 逢えなくて寂しいな♡ 」と送った LINEには

「 頑張ろう 」 って返ってきた。


今までなら 文字から真意を読み取るの難しいなって思ってたと思う。

寄り添ってくれてんのか 突き放されてんのか わかんないなって。

でもね 今回は そうは思わなかった。


単純に シンプルに思った 頑張ろって♡


改めて しみじみと思ったの。

ふたりで逢う時間には 嘘が散りばめられていて そこに苦しくなるときがある。

でも 彼の くれる言葉や行動は 嘘の中に嘘はないんだよね。

それは 3年前と何も変わらない。

そして それが 繋がりが細くなることはあっても なくなることはないんだろなって 根拠のない自信を与えてくれてること。


日常生活に戻った初日 朝からいつも通りギリギリに出勤した私。

普段は 余裕を持って出勤してるハズの彼が 駐車場に停めた車の中にいた。


私が車から降りると同時に 彼も出てきた。

駆け寄りたい気持ちを必死で抑えて ゆっくりと隣へ♡


★ 「 おかえり 」

☆ 「 ただいま 」


他愛もない会話が嬉しくて 久しぶりに会えて嬉しくて 日傘で隠しながら チラチラと 彼を見上げてたら

突然 「 あーー 」 と空を見る彼。


何事やーーー ( ̄∀ ̄)


「 隣にいたら手を繋ぎたくなるー 」


こういう 心の声の言葉が聞けると すごく嬉しいんだよね♡

ありがとうって思っちゃう。


★ 「 この歳になってこんなに恋や愛を育むとは思わなかったな 」


「 私も♡ 」って返すのが 精一杯でした。


✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚



輝きを失う星があるなら

それはあなたを失った自分


“愛することは守り抜くこと”

言葉で言うのはたやすいけれど…


あの日あの場所から 始まったストーリー

悲しみも越えて 今日まで来たから


二人はあの空の星のように

寄り添い輝いて

宇宙(トワ)の愛を誓う


大げさな幸せじゃなくていい

ささやかな絆を

愛でつないでゆく

夢の続きを見ていよう


遠い昔に放たれた光

果てしない時 超えて届くように


あたたかい優しさを分け合いながら

意識を超えて魂を癒す


二人はあの空の月のように

満ち欠けを繰り返し

愛を育ててゆく


このまま永遠に変わらない

二人でいれるように

ずっと素直な気持ちでいれますようにと願う


(ある歌詞の抜粋 以下省略)


✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚